中古日焼けマシン販売

2016年07月24日

マシンを減らして売上UP!?

マシンラインナップの重要性がイマイチ理解できていないようなので
一例をUPします。

(もう5年以上前なので時効だとは思いますが、
念のため店が特定出来ないように一部変更しています。)

BEFOR       AFTER
マシンA 3000円
マシンB 2500円
マシンC 2000円
マシンD 1000円 → X

この日サロからの相談はシーズン真っ只中の6月でした。
入れ替え希望でしたが、希望機種が国内に無く空輸するには予算が足りなかったので、
苦肉の策としてマシンDを故障中にすることを提案。
オーナーは「一番人気のマシンを止めるなんて自殺行為だ!」と猛反対。
それでも何とか説得して試しに3日間だけやっていただきました。

その結果

売上がUPして・・・
来客数もUPして・・・
マシンDは放出・・・
そしてめでたくマシン導入・・・
とはならずになんとキャンセル!
(マシンが欲しいわけではなく売上UPが目的だったから💢)

それはともかく
なぜ1台減ったのに売上がUPしたのか?
そして来客数まで増加したのか?

わかりましたか?

このことが理解できていれば
マシンラインナップに関しては問題ないでしょう。
【関連する記事】
posted by sazan at 16:42| オンラインコンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする